HOME
協会の紹介
防除技術の開発
くん蒸等の安全対策
農薬散布に使用するマスクの手引き
臭化メチル中毒患者に対する措置について
蒸熱処理装置の原理と特性
供試虫、供試菌提供及びくん蒸効果判定事業
出版案内
その他の事業
輸出梱包材等のくん蒸 国際協力事業  
輸出梱包材等のくん蒸

国際植物防疫条約(IPPC)は、国際貿易に伴うキクイムシ、カミキリムシ、ゾウムシ、マツノザイセンチュウ等木材害虫の侵入伝搬を防止するため、輸出国に対して植物検疫措置に関する国際基準のNo.15「国際貿易における木製梱包材に関する規則」を制定し、非加工木製梱包材に対する熱処理又は臭化メチルくん蒸消毒とその証明(表示)を義務付けています。このような消毒証明に関する公的認証機関として一般社団法人全国植物検疫協会(全植検協)が消毒証明、表示マーク管理等を行っています。当協会は、消毒措置のうち臭化メチルくん蒸消毒に関して全植検協との間に業務協定を締結し、くん蒸消毒実施者の認定、くん蒸消毒実施者及び消毒確認者に対する技術講習等を行っています。輸出用木材こん包材に関する手続き等の詳細は全植検協http://www.zenshoku-kyo.or.jp/)にお問い合わせ下さい。