HOME
協会の紹介
防除技術の開発
くん蒸等の安全対策
農薬散布に使用するマスクの手引き
臭化メチル中毒患者に対する措置について
蒸熱処理装置の原理と特性
供試虫、供試菌提供及びくん蒸効果判定事業
出版案内
その他の事業
協会の紹介 事業案内 出田町調査室 会員一覧 財務等資料  
出田町調査室

当会は1993年に横浜市神奈川区の出田町埠頭内に調査室を設置した。
この調査室では、植物検疫くん蒸における輸入青果物、穀類及び木材に付く害虫の防除及び薬剤による障害の回避技術の開発、各種農薬の消毒方法の委託開発試験及び物理的処理による害虫の防除及び障害回避技術の開発等を行っている。また、その関連で、穀類害虫及び木材害虫の飼育を行っている。

飼育穀類害虫
 コクゾウムシ、ヒラタコクヌストモドキ、アズキゾウムシ、ノシメマダラメイガ、トルコカクムネヒラタムシ、タバコシバンムシ及びスジコナマダラメイガの各態を各種殺虫試験のため飼育中であり、要望により頒布している。

飼育木材害虫
 必要に応じ、各種カミキリムシ類、キクイムシ類等を飼育供試している。

主 要 設 備 等
害虫飼育用インキュベーター
インキュベーター
ガスクロマトグラフ
ガスクロマトグラフ

くん蒸箱