HOME
協会の紹介
防除技術の開発
くん蒸等の安全対策
農薬散布に使用するマスクの手引き
臭化メチル中毒患者に対する措置について
蒸熱処理装置の原理と特性
供試虫、供試菌提供及びくん蒸効果判定事業
出版案内
その他の事業
協会の紹介 事業案内 出田町調査室 会員一覧 財務等資料  
事業案内
1.防除技術の開発(試験受託事業)
当協会は、植物検疫に係る防除技術の開発、改善、防除薬剤その他の資材の調査研究、防除試験の受託等の業務を実施している。防除技術はくん蒸剤を使用した化学的防除法及び温度を利用した蒸熱消毒及び低温処理法が主体であり、多くの実績がある。特に、くん蒸剤等の農薬登録に係る作物残留試験において、GLP基準適合試験施設となっている。
2.くん蒸技術の普及と危害防止対策

くん蒸に関する新しい技術の普及及びくん蒸に伴う危害を防止するため、植物検疫くん蒸作業主任者に対する講習会を開催している。また、作業者の健康管理及び万一中毒した場合の処置を検討するとともに、関係者への情報提供、普及・啓蒙を図っている。

3.土壌くん蒸安全対策
 土壌病害虫消毒に用いられるくん蒸の安全性を確保するため、都道府県関係者、農業生産関係者に対する講習会、農業生産現場における巡回指導、環境調査等を行う。
4.輸出梱包材等のくん蒸消毒技術関係

くん蒸消毒実施者等の認定のための審査、くん蒸関係者に対する講習会の実施、技術開発等を行う。

5.農薬散布用マスク
農薬施用時の作業者保護のため、マスクの適正使用の普及定着を図っている。
6.国際協力
くん蒸技術等に関し、必要に応じ国際協力事業を実施している。
7.広報活動

本ホームページの運営、機関誌「日くん協だより」の刊行・配布、並びにくん蒸作業の安全確保及び農薬の安全性等についてのビデオ等の貸し出し等を行っている。

また、くん蒸技術等に関する図書、パンフレットの出版・配布を行っている。